財団法人概要・組織図

一般財団法人日本伝統織物研究所設立趣旨

開催

急激な産業技術の進歩や人々の生活様式の変化など社会情勢を取り巻く様々な要因が重なって、我国に古来から伝えられてきた伝統的な技術や技法が消えようとしています。

古都京都に於いて500年以上営々と築き上げられてきた我国最大の伝統的な織物産地である「西陣」に於いても、打ち続く不況や人々の和装離れなどにより、製織技術や技法をはじめ、機装置や道具類などの関連技術までが今急速に衰退し、滅亡一歩手前といっても過言ではない程の危機的な状況に陥っています。このたびの大震災により私達の生活文化の有様が根底から問われている現在、古代から自然を()で、(いつく)しみ、自然とともに生きてきた日本人の生活文化の精華である、この貴重な文化遺産が失われることは、私達の未来にとって大きな損失である、と思われます。

特に、1300年の歴史を有し、世界で最も美しいといわれる手織の「錦」即ち伝統的先染紋織物の伝承技術や、それを荷なう職人達の技術、技法がろうそくの火が消えるように消えていっている現状は放置出来ません。何故なら和装をはじめ茶道や能、歌舞伎など我国の伝統文化を根底から支え、また「機械」という言葉がそこから生まれ出た起源であり、元々経糸を上げるか下げるか、緯糸を越すか越さないかの0か1かの世界で、コンピューターの原点でもあり、自動車産業をはじめとする近代のハイテク産業を生み出してきた母胎であるからです。これらの技術、技法の手本が無くなることは将来のあるべき生活文化や生産技術の進歩に大きな弊害となることも予測されます。伝承技術の保存継承については、単に経済的な問題のみならず、まさに技術の伝承の問題であることが強調されなくてはなりません。このためこれらの伝承技術に携わっている方々や、今後も継承していただく立場の方々には実際に仕事を通じて実践していただくことが大事であります。

昔から「手に勝る機械は無し」と言われているように、伝統技術、技法を末永く保存、伝承するために、本財団は古裂(こぎれ)(有職裂、名物裂、古代裂)の復元活動を通じ、伝統技術、技法の保存、伝承や後継者の育成などを目的に、素材、技術、技法の調査活動、さらに危機的な状況にある関連の素材や機装置、道具類の製作や保存、あるいはそれの研究活動など「綜合的な復元事業」を継続的に行うものであります。

本財団では、「綜合的復元事業」の成果やその「ものづくり」の現場を公開し、情報発信することで、これらの伝承技術の保存育成の重要性を多くの人々に広く認識していただくための啓発活動を行い、同様の問題を抱える各国との国際交流をすすめ、未来の技術革新への遺産として21世紀の生活文化に大きく貢献するものであります。本財団の設立趣旨を御理解いただき、御協力賜りますよう切にお願い申し上げます。

 

平成23年7月吉日

一般財団法人 日本伝統織物研究所

 

一般財団法人日本伝統織物研究所の主な事業概要

開催

[1]「調査研究」

日本が世界に誇る手織の先染紋織物(=錦)の保存、伝承を目的に、その関連工程のすべての調査を行い、これらの技術者、技法の伝承方法、機器道具類の保存などの研究を行う。

 

[2]「綜合的復元」

伝統的な手織の先染紋織物の保存振興のため古裂(正倉院裂、名物裂、有職裂など)の研究調査を行い、また、その機器・道具類、技法などを研究し、これらを綜合的に復元し、その工程を映像、写真、聞き取り調査などで記録することにより、機器・道具類の保存及び技法の伝承・技術者の養成を図る。

 

[3]「後継者の育成」

現存の伝承技術を守るために積極的に諸環境の改善を図り、上記の総合的復元や研修事業など実践的な活動を通じて、熟練者から若年者への技術、技法伝承教育を行う。

 

[4]「資料等の保存」

上記の実践的な総合的復元・研究とともに、その文化的な背景や技術の発達史など、学術的な資料の保存と作成などの総合的研究をはじめ国際的、歴史的な比較研究も行い、手織技術の保存と振興のために必要な古裂類文献資料や機器、道具類の保存を図る。

 

[5]「普及、啓発事業」

千三百年以上の歴史を有し、高度な文化的、技術的レベルを保ち、今日の産業技術を生み出した伝統的先染紋織物の危機的現状を広く一般社会に知らしめ、その大切さを理解して頂くため、ものづくりの現場である錦織の工房の見学をはじめ、展示会、講演会、シンポジウムの開催や、マスコミ、インターネットを通じての働きかけなど積極的な普及、啓発活動を行い、幅広い理解者、賛同者を募る。

 

[6]「その他」

その他目的を達成するために必要な事業。

組織図

開催

image003.gif





役員名簿

インフォメーション

一般財団法人 日本伝統織物研究所

〒603-8107
京都市北区紫竹下ノ岸町24
TEL:075-491-9145 FAX:075-493-8806
受付時間:平日午前10 時~午後5時